★ 6/14(木)『木島ユタカ』★

 

★木島ユタカ★

5歳から父親の影響で『民謡』を歌い始める。
父親との二人三脚、本格的な民謡のレッスンを経て、数々の民謡全国大会で、グランプリを獲得。
透明で艶のある歌声と、民謡で培われた芯の太い歌力が絶妙なバランスで混ざり合い、現代ポップスと”和”を併せ持つその世界観は、唯一無二で聴く人の心にぬくもりと感動を与える。

18歳の頃、本格的に洋楽を聴き始め、Stevie Wonder、Boyz Ⅱ Men、Eric Benetなどをカバー、自身の歌の幅を拡げていく。

2017年、津軽三味線の弾き語りスタイルで、様々な楽曲のカバー。”三味線シンガー”として新たな一歩を踏み出す。

前年度の話題曲”海の声”のカバーを含む、6曲入りミニアルバム【和のこころ】をリリース。

同年、7月には【和のこころ2~ケルティック編~】をリリース。ケルト民謡のメロディーにオリジナルの日本語歌詞を乗せて歌う、
独自のアプローチを展開。リード曲【十年経てば】が各方面で話題を呼び、年末の「第50回 日本有線大賞」にて”奨励賞”を受賞。

邦楽カバーだけでなく、洋楽をカバーする新たな取り組みへのチャレンジも展開。自身のオリジナル曲と真逆と言っていいほどの世界を表現するその姿で、ジャンルを超えたアーティストとして歩み始めた。

 

★公式サイト★

http://kijimayutaka.com/

 

★YouTube★

※YouTubeでの公開は終了いたしました。